ここから本文です

伊調、進退は「模索中」=レスリング

時事通信 5/18(木) 14:44配信

 リオデジャネイロ五輪レスリング女子58キロ級で優勝し、五輪4連覇を果たした伊調馨(ALSOK)が18日、決断を保留している進退について「自分の生きるべき道を探している。模索しています」と話し、依然として結論を出していない状況を説明した。東京都内で開かれたスポーツ施設開設のイベントに出席した際、取材に応じた。

 現在はトレーニングをしていないそうで、「レスリング以外の人と接する機会が多くなった。もう少しこの生活を楽しみたい」。イベントには用意された「TOKYO 2020」とプリントされたTシャツを着て出席したが、3年後の東京五輪を目指す意思表示ではなく、「そこまで考えていない」とかわした。 

最終更新:5/18(木) 14:50

時事通信