ここから本文です

ルヴァン杯21歳以下先発義務の効果、原氏が力説 柏・手塚らを例に…

5/18(木) 15:20配信

デイリースポーツ

 Jリーグの原博実副理事長(58)は10日、東京都文京区のJFAハウスで取材に応じた。今季からルヴァン杯で義務づけている、21歳以下の選手を1人先発起用する制度への成果を口にした。

 「現場で若い選手を思い切って使えるようになった。若い選手をルヴァン杯で使い、よかったらリーグ戦でもチャンスを与えるクラブが増えている」と説明。「柏の手塚はルヴァン杯でのゴールをきっかけにリーグ戦でもレギュラーをつかんだ。札幌の菅も出ている。大宮、仙台は交代する選手に19、20歳のルヴァンで出ている選手が多い」と具体例を挙げて、制度化したことによるJリーグへの波及効果を解説した。