ここから本文です

文春に対し“スクープ泥棒” 週刊新潮掲載記事に週刊文春反論「情報不正入手は一切ない」

ねとらぼ 5/18(木) 16:42配信

 週刊文春編集部は、今日18日発売の週刊新潮5月25日号に掲載された「『文春砲』汚れた銃弾」の記事内容を否定する声明をサイト上で発表しました。同記事では、週刊文春が一般公開前の週刊新潮中吊り広告を入手し、“スクープ泥棒”を行ったと報じていました。

【全文:週刊文春の声明】

 週刊新潮には、スクープが盗まれていることを疑い始めた経緯、盗まれていることを確信した場面、週刊文春の新谷編集長へのインタビューなどと共に、文藝春秋の社員とみられる人物が週刊新潮の中吊り広告を印刷する場面も掲載されていました。記事は“本誌からの要望”として、「速やかに本誌とのライバル関係を正常な状態に戻していただきたい」と結ばれています。

 新谷氏は発表の中で「『週刊文春』が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と明言。「社会を騒がせている事件、人物等については、多くのメディアが当事者やその周辺を継続的に取材しており、その過程で他メディアの動向を把握するのは日常的なことです」としながら「すべての記事は自らの手で十分に取材を行い、必要な裏付けが得られた段階で掲載されています」と語っています。

最終更新:5/18(木) 16:42

ねとらぼ