ここから本文です

<BOφWY>B・BLUEの1曲だけ 1000人の演奏会

毎日新聞 5/18(木) 18:31配信

 ◇6月3日に群馬・渋川市でイベント 2週間余で“定員”

 1980年代に活躍した伝説的ロックバンド「BOφWY(ボウイ)」のヒット曲「B・BLUE」を1000人編成の「巨大バンド」で1曲(約4分)だけ演奏するイベントが6月3日に、BOφWYを生んだ群馬県で開かれる。主催者がメンバーを募集したところ、2週間余で”定員”に達し、今なおその人気ぶりは顕在。主催者は「観客も含めれば多くの人が集まるので地域活性化につなげたい」と話している。

 このイベントは、題して「1000人ROCK FES. GUNMA」。ボーカル500人▽ギター200人▽ベース200人▽ドラム100人--の編成で、楽器やアンプは持参。電源は電池式など自分で賄う。

 群馬県渋川市の渋川青年会議所が創立50周年を記念して企画した。会議所まちづくり委員会の柄沢純一郎委員長(35)が2015年にイタリアで開かれた米ロックバンド「フー・ファイターズ」の代表曲「ラーン・トゥ・フライ」を1000人で演奏する様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」で見たことに着想を得たという。BOφWYのメンバーは群馬県高崎市出身が中心だが、柄沢さんは「渋川とか高崎とかは関係ない。”群馬”が誇るナンバーワンのロックバンドだから。県全体を盛り上げたい」と熱い思いを語る。

 2月4日からインターネット上で出演者を先着順で募集したところ、北海道から沖縄まで全国から応募があった。10代の頃、BOφWYにはまった40代が目立つという。

 1曲限りのライブは6月3日午後2時から渋川市の伊香保グリーン牧場(雨天の場合は翌4日に延期。4日も雨天なら中止)。柄沢さんは「1曲だけ演奏するために、これだけ大勢の人が集まるイベントは国内では初めてだと思う。老若男女が楽しめるイベントにしたい」と意気込む。問い合わせは渋川青年会議所(0279・26・7214)。【吉田勝】

最終更新:5/18(木) 20:22

毎日新聞