ここから本文です

AMD、データセンター向け新プロセッサブランド「EPYC」を発表

ITmedia PC USER 5/18(木) 16:48配信

 米AMDはこのほど、データセンター向けとなる新プロセッサのブランド「EPYC」の発表を行った。

 コードネーム“Naples”として開発されていたデータセンター向けプロセッサで、x86処理エンジン「Zen」を最大32コア搭載。現行のトップクラスの競合製品との比較で、コア数で45%、入出力(I/O)容量で60%、メモリ大域幅で122%の性能差を実現したとしている。

 EPYCベースのサーバ製品については、6月よりOEM/チャネルパートナーからの提供が開始される予定だ。

最終更新:5/18(木) 16:48

ITmedia PC USER