ここから本文です

獅童、2年前に脳動脈瘤手術していた「今回も絶対乗り越えます」…NEWS小山明かす

デイリースポーツ 5/18(木) 16:01配信

 NEWSの小山慶一郎(33)が18日、日本テレビ系「news every.」で、この日肺がんを公表した歌舞伎俳優の中村獅童(44)にメッセージを送り「必ず元気になるから。実は2年前に脳動脈瘤という病気の手術もしました。それも克服できたので、今回も絶対乗り越えます」と返事がきたことを明かした。

【写真】脳動脈瘤を手術した2年前、体重5キロ減を告白していた獅童

 番組では冒頭から獅童の肺がん公表のニュースを取り上げた。一連のVTRの後、あいさつに立った小山は「心配なんですが、先ほど獅童さんに個人的にメールさせてもらったんですが、心強い返事を頂きました」と切り出した。それには「必ず元気になるから。実は2年前に脳動脈瘤という病気の手術もしました。それも克服できたので、今回も絶対乗り越えます」といった返事が書かれていたという。脳動脈瘤とは、脳の動脈に風船のような膨らみができるもので、破裂するとくも膜下血腫などの重大な症状を引き起こす。

 新たな事実も発覚したが、小山は「ぜひ乗り越えて元気な姿を見せてください。待っています」と画面越しに呼びかけていた。

 獅童はこの日、FAXで初期の肺がんであることを公表し入院、手術を受けるとした。直筆FAXには「今見つかったのが奇跡的と言われる程の早期発見で、この状況ですぐに手術をすれば完治するとの担当医師からのお言葉でした」とごく初期の発見だったとし、「病に打ち克ち、必ず元気になって今まで以上に良い舞台がつとめられますよう、よりいっそう精進いたし、また皆様にお目にかかりたいと思っております」とつづっている。

最終更新:5/18(木) 16:32

デイリースポーツ