ここから本文です

「深夜廻」、探索範囲を広げる“ものを押す”など新アクションなどを紹介

Impress Watch 5/18(木) 15:00配信

 日本一ソフトウェアは、8月24日発売予定のプレイステーション 4/PlayStation Vita用新作ホラーアクション「深夜廻(しんよまわり)」の最新情報を公開した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「深夜廻」は、2015年10月に発売されたPS Vita用タイトル「夜廻」の続編となる作品。帰り道にはぐれてしまった2人の少女は、お互いを探して、夜の闇の中へと繰り出していく。

 今回公開されたのは、夜道を探索する際に必要なアクションやアイテムについて。他にも探索できるステージについても明らかになった。本作からの新要素を中心に紹介したい。

■わたしたちの町に、夜が来る。登場人物を紹介

 本タイトルは、ふたりの幼い少女「ユイ」と「ハル」が不気味な夜の街を探索するアクションゲーム。物語は少女たちの視点が交互に入れ替わりながら進行していく。

□ユイ

 ハルの親友。明るい性格をしている。花火大会の帰りにハルとはぐれ、夜の街を彷徨う。子犬を2匹飼っている。

【ユイ】□ハル

 ユイの親友。物静かな性格をしているが、勇気を出して、夜の街に繰り出しユイを探す。

【ハル】□チャコ【チャコ】【スクリーンショット】■ものを押す――探索範囲を広げる

 「深夜廻」では、新たな要素として、「気になるもの」の近くで「手のひら」マークが出ている際に、対象を押すことができるアクションが追加された。

 このアクションによって、木箱を動かし、踏み台にすることで、道が通れるようになることもある。一見進めなさそうな場所も、邪魔なものを押すことで進めることもあるため、周りを隈なく探してみるといいだろう。

【スクリーンショット】■気になるもの――夜道を隅々まで調べる

 街中は、夜闇に包まれており、少女たちは「懐中電灯」の光を頼りに歩みを進める。

 道端には、少女たちの「気になるもの」が落ちていることがあり、それらを調べることで、探索の幅が広がる。

【スクリーンショット】

■探索を進めるための必需品「落としもの」

 少女たちは、道端で見つけた「落としもの」を拾って、持ち歩くことができる。拾った「落としもの」は、投げる・置く・身につけるといった使い方が可能。

 「落としもの」は、思いもよらぬ場面で役立つことがあるので、探索を進める上でも重要な要素となる。

【スクリーンショット】■身につけて、様々な効果を発揮する「おまもり」

 物語を進めていると「おまもり」を手に入れることがある。

 「おまもり」を身につけることで、小石を多く持てる、スタミナが減りにくくなる、早く走れるなど有益な効果を得ることができる。

【スクリーンショット】■時に悪意をもって襲い掛かる「お化け」

 夜道には、得体の知れない「お化け」が潜んでいる。見つからないよう避けて探索をする必要があるが、見つかってしまった場合、多くの「お化け」は、悪意をもって少女たちに襲い掛かかってくる。もし「お化け」に捕まってしまうと、少女は次の夜を迎えることができない。

 襲い掛かってくる「お化け」は、それぞれの特徴がある。「お化け」から逃れる為には「お化け」の特徴をしっかりと理解する必要がある。

【スクリーンショット】

【コトワリさま】
【凶悪なお化け】
【赤ん坊の霊】
□イメージボードAmazonで購入:PS4(初回限定版)PS4(通常版)PS Vita(初回限定版)PS Vita(通常版)(C)Nippon Ichi Software, Inc.

GAME Watch,緑里孝行(クラフル)

最終更新:5/18(木) 15:00

Impress Watch