ここから本文です

Googleが未来を感じる機能「Google Lens」を発表 AIが周囲を“見て”情報を表示し機能の実行する新技術

ねとらぼ 5/18(木) 17:59配信

 米Googleは現地時間5月17日、開発者向けイベント「Google I/O 2017」で、新たな検索機能「Google Lens」を発表しました。

【画像】「Google Lens」利用画面

 この新技術は、スマートフォンなどのカメラで周囲を見ることで写し出されたものを認識し、写ったものについての情報やそれに合わせた機能を実行してくれるというもの。画像・動画を理解し、コンピューターが“見る”ための新しい方法だとしています。

 例えば、お店の外観を写せばそのお店の情報がAR表示されたり、同じく花を写せばその情報が表示されたりします。また、バンド名などが書かれた看板からチケットを入手したり、無線ネット機器に貼られたネットワークキーを写してWi-Fi設定を自動で行ったりも可能です。

 特にお店を映したとき、Googleでのレビュー評価点がAR(拡張現実)表示されるのが未来感すごい……。

 Google Lensは、昨年発表された音声アシスタント「Google Assistant」に組み込まれる形で利用できるようになるとみられ、音声認識による会話だけでなく、周囲の状況を伝えて行動もしてくれるアシスタントAIとなる予定です。

 なお、Google AssistantのiOS版と日本語対応も発表されており、まもなく日本でもリリースされるとしています。

最終更新:5/18(木) 17:59

ねとらぼ