ここから本文です

<万景峰号>露ウラジオストクに到着 北朝鮮人乗客なし

毎日新聞 5/18(木) 19:12配信

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアと北朝鮮を結ぶ初めての定期貨客船「万景峰(マンギョンボン)号」が18日、北朝鮮北東部・羅津(ラジン)から露極東ウラジオストクに到着した。ロシア通信などによると、北朝鮮人の乗客はおらず、航路チェックのために乗船した中国の観光業関係者が降り立った。

 ミサイル発射を続ける北朝鮮に対し国際的な圧力が高まる中、ロシアは「外交解決」を訴えており、定期航路開設で北朝鮮との一定の関係を維持したい姿勢とみられる。国連安保理による対北朝鮮制裁の「抜け道」となる可能性もある。

 万景峰号は19日、羅津に向けて出港する。ロシアの運航会社によると今後、中国やロシアの観光客のほか、出稼ぎに来ている朝鮮人労働者の利用が見込まれるという。毎週水曜に羅津、金曜にウラジオストクを出発し、週1回往復する。乗客定員は193人、貨物は最大1000トン。

最終更新:5/18(木) 19:16

毎日新聞