ここから本文です

<アリゲーターガー>胃の中は空っぽ…兵庫の揖保川でも捕獲

毎日新聞 5/18(木) 19:12配信

 兵庫県たつの市の揖保川支流で大型外来魚「アリゲーターガー」が捕獲された。アユやウナギなどを捕食しているのではと懸念されていたが、胃の中は空っぽだった。

 目撃情報が相次ぎ、揖保川漁協が水中に電気を流すなど6回も捕獲作戦を展開したが不発。今月2日、同県姫路市の男性が釣り上げた。

 解剖した姫路市立水族館はガーを剥製にして展示し、川に捨てられた外来魚が生態系を壊す危険性を訴える。同漁協の担当者は「複数匹いたという情報があり、作戦は続行します」と目がつり上がったまま。【待鳥航志】

最終更新:5/18(木) 21:26

毎日新聞