ここから本文です

PS4用「英雄伝説 閃の軌跡III」、戦闘システムの新要素を公開

Impress Watch 5/18(木) 15:20配信

 日本ファルコムは、9月28日発売予定のプレイステーション 4用ストーリーRPG「英雄伝説 閃の軌跡(センノキセキ)III」において、5月18日より公式サイトを更新し、本作の戦闘システムでの新要素となる「ブレイブオーダー」や「戦闘モード切り替え」、また、その他メインキャラクターの「クラフト(戦技)」に関する詳細を公開した。

【この記事に関する別の画像を見る】

■オーダーを臨機応変に切り替え、戦況をコントロールできる「ブレイブオーダー」

 各キャラクターの行動時に、「ブレイブオーダー」を選択すると、ターンを消費せずに「オーダー(作戦指示)」を発動させることができる。発動中は、一定ターンの間、オーダーの内容に応じた効果がパーティ全体に付与される。

 なお、発動には戦闘中に溜まるBP(ブレイブポイント)を消費する必要があり、戦闘中にオーダーを切り替えたり、場合によっては発動中のオーダーを解除するなど「ブレイブオーダー」を上手く利用することで戦況を有利に運ぶことができる。

【突撃陣 <烈火>】

 リィン専用のオーダー。発動中は全ての与えられたダメージがアップするほか、オーダー発動時はボーナスとしてCP(クラフトポイント)が増加する。BPの消費量が少なく、使い勝手が良い。

【ノワールクレスト】
 アルティナ専用のオーダー。BPの消費量が多く、発動タイミングが難しいものの、敵からのあらゆる攻撃を絶対反射するという超強力な効果を持つため、強敵との戦いでは切り札となる。

【スクリーンショット】
■戦闘モード切り替え

 銃機構付きの特殊警棒「ガンブレイカー」を使用するユウナは、戦闘中、ターン毎に任意で2つの戦闘モードを切り替えることができる。

【ストライカーモード】

 「ガンブレイカー」をトンファーのように扱う近接戦闘モード。リーチが短く攻撃対象が単体になってしまうものの、基本パラメータが上昇する。

 【ガンナーモード】

 銃撃を主体として戦う中距離戦モード。通常攻撃が範囲射撃となるため、1度に複数の敵を相手にすることができる。ただし、「ストライカーモード」時より基本パラメータが低くなるため、強敵との戦いには注意が必要となる。

 雑魚を一掃する時は、ガンナーモード中距離からまとめて攻撃。手配魔獣や強敵との戦闘では、ストライカーモードで、リィンやクルトと共に最前線で攻撃に参加するなど、状況に応じてユウナのモードを切り替えることで、より有利な戦況にすることができる。

【スクリーンショット】

■クラフト(戦技)

 クラフト(戦技)は、戦闘中に溜まるCP(クラフトポイント)を消費して発動する、キャラクター固有の戦技。

 クラフトによって消費CPが異なり、強力な範囲攻撃や特殊効果を付与するクフラト、仲間を回復するクラフトなど、キャラクターの個性にあわせて様々な種類が存在する。

【螺旋撃(リィン)】
 炎を纏わせた太刀で連続斬りを繰り出し、トドメに巨大な螺旋状の炎で敵を巻き込む八葉一刀流の技。

【リィン】【スクリーンショット】

【クロスブレイク(ユウナ)】
 ガンブレイカー全体に電流を流し、クロス状に交差させながら相手に電撃ダメージを与える技。

【ユウナ】【スクリーンショット】

【テンペストエッジ(クルト)】
 双剣で鋭い回転斬りを行ない、剣風による旋風で周囲の敵を切り刻むヴァンダール流剣術。

【クルト】【スクリーンショット】

【フラガラッハ(アルティナ)】
 戦術殻「クラウ=ソラス」の腕部を巨大な刃物のように変形させ、前方目掛けて力任せに振り下ろす豪快な技。

【アルティナ】【スクリーンショット】
©2017 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

GAME Watch,宮本章弘(クラフル)

最終更新:5/18(木) 15:20

Impress Watch