ここから本文です

<対北朝鮮>米大統領「条件整えば対話」 韓国特使と会談

毎日新聞 5/18(木) 19:35配信

 【ソウル米村耕一】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪米した洪錫※(ホン・ソクヒョン)・前中央日報会長(元駐米大使)は17日、トランプ米大統領と会談し、文氏の親書を手渡した。トランプ氏は「条件が整えば北朝鮮に対する関与政策によって平和を作り出すつもりだが、対話のための対話はしない」と述べ、核問題について北朝鮮による具体的な行動が必要だとの認識を示した。韓国外務省が明らかにした。(※は火ヘンに玄)

 韓国外務省報道官は18日の定例会見で、トランプ氏と洪氏の会談について「対話のドアは開いているが、しかるべき条件が先行する必要があるとの共通認識を改めて確認した」と説明した。聯合ニュースによると、トランプ氏は6月末に米国で予定されている米韓首脳会談について「北朝鮮の核問題を含む米韓同盟の問題について緊密に協議できることを期待している」と述べたという。

 一方、洪氏はマクマスター大統領補佐官とも会談し、最新鋭迎撃システム「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」の在韓米軍への配備について「配備過程で国内的な手続き上の批判があり、国会で議論する必要がある」と伝えたという。

最終更新:5/18(木) 19:35

毎日新聞