ここから本文です

大宅賞に森健さん

産経新聞 5/18(木) 7:55配信

 第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞(日本文学振興会主催)は17日、大賞が森健さん(49)の「小倉昌男 祈りと経営 ヤマト『宅急便の父』が闘っていたもの」(小学館)に、読者賞は菅野完さん(42)の「日本会議の研究」(扶桑社)に決まった。昭和45年に始まった大宅賞は今回からリニューアルし、これまでの選考委員が決める方式に読者投票を加えた。

最終更新:5/18(木) 7:55

産経新聞