ここから本文です

池江「世界との勝負意識」=19日からジャパン・オープン―競泳

時事通信 5/18(木) 17:23配信

 競泳のジャパン・オープン開幕を翌日に控えた18日、出場選手が東京辰巳国際水泳場で調整した。4月の日本選手権で5種目を制した女子の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は「いい練習をしてきたので、自信を持って臨みたい」と意気込みを語った。

 7月の世界選手権(ブダペスト)に向けた強化として、池江は自由形とバタフライの計4種目にエントリー。「世界との勝負を意識してしっかり泳ぐ」と話した。日本選手権で低調だった男子の萩野公介(ブリヂストン)は「調子は上がってきた。いいレースをしたい」と語った。

 大会は21日まで。海外勢は男子100メートル平泳ぎ世界記録保持者のアダム・ピーティ(英国)らが出場する。 

最終更新:5/18(木) 17:30

時事通信