ここから本文です

北朝鮮大使館12億円滞納か=賃料収入の税金払わず―独紙

時事通信 5/18(木) 17:53配信

 【ベルリン時事】18日付の南ドイツ新聞などは独政府関係者の話として、北朝鮮の在ベルリン大使館が敷地内にある宿泊施設と会議場の賃料収入から税金を払わず、罰金を含む滞納額が約1000万ユーロ(約12億円)に達していると報じた。

 
 同大使館は2004年ごろから建物を業者に貸し始め、宿泊施設だけで月額約4万ユーロ(約500万円)の賃貸料を得てきた。北朝鮮側は長年、独当局からの納税の要求を無視。独外務省の仲介で、滞納分を毎月7000ユーロ(約87万円)ずつ分割で納めることで合意したが、支払いは滞ることがあるという。

 宿泊施設と会議場については、独政府が北朝鮮核問題への対応の一環として、営業を禁止する方針を決定。外務省は「核計画の資金源を遮断する」と強調した。 

最終更新:5/18(木) 18:24

時事通信