ここから本文です

<ニッセンHD>送料24日から引き上げ ヤマト要請に対応

毎日新聞 5/18(木) 19:57配信

 セブン&アイ・ホールディングス傘下の通販大手、ニッセンホールディングス(HD)が24日から送料を約26%引き上げる。配送委託先の宅配便最大手、ヤマト運輸から値上げを求められ、4月の契約更新時に応じたため。「経費削減を徹底したが、値上げ分の全ては吸収できなかった」(企画広報室)ことから、消費者に転嫁することにした。

 通常の送料390円(税抜き)を490円に引き上げる。ただし、ネットで総額5000円以上の商品を注文した場合の送料無料サービスは続ける。また、セブン-イレブンの店頭で受け取れば、総額3000円以上のネット注文で送料を無料にするサービスも続ける。ニッセンHDによると、送料無料サービスの対象は全体の85%を占めており、送料引き上げの影響が及ぶのは全体の約15%にとどまるという。

 ニッセンHDは合わせて、荷物の再配達を減らし、ドライバーの長時間労働を抑制するための取り組みも進める。具体的には、商品をセブンの店頭で受け取るなら、少額の注文でも送料を無料にするキャンペーンを定期的に実施していく。

 ヤマトは4月、インターネット通販大手アマゾンなど大口法人約1000社との契約見直しを本格化すると明らかにした。値上げに踏み切ることで、取扱荷物量を減らし、ドライバーの負担を軽減するのが狙いだ。ニッセンのように送料の引き上げに踏み切る企業が今後も相次ぐ可能性がある。【宇都宮裕一】

最終更新:5/18(木) 20:00

毎日新聞