ここから本文です

元世界王者の三浦 米国での世界戦決まる「気合が入る」

5/18(木) 18:25配信

デイリースポーツ

 元WBC世界スーパーフェザー級王者で現同級1位の三浦隆司(帝拳)=が7月15日、米カリフォルニア州イングルウッドの「ザ・フォーラム」で同級王者のミゲル・ベルチェル(メキシコ)に挑戦することが分かった。米ゴールデン・ボーイ・プロモーションズが17日に発表した。

【写真】年間最高試合に選ばれた三浦とバルガスの死闘

 三浦は15年11月に米ラスベガスでフランシスコ・バルガス(メキシコ)にTKO負けを喫し、5度目の防衛に失敗した。再起後は王座奪還を目指していた。この日、都内のジムで練習した三浦は「目の前の練習を頑張ってやっていて、その結果決まった。いつも以上に気合が入る。大舞台の空気に飲まれぬよう、自分らしく闘いたい」と話した。

 21日からは同門のWBC世界バンタム級王者・山中慎介らと走り込みキャンプを行う予定で「しっかり走り込んでどだいを築いて、仕上げていきたい。スパーリングは6月に入ってから始めると思います」と目を輝かせた。