ここから本文です

産業革新機構などルネサス株を売り出しへ

EE Times Japan 5/18(木) 21:27配信

■NEC、日立、三菱も

 ルネサス エレクトロニクスは2017年5月18日、産業革新機構などの大株主が所有する株式を2017年6月に売り出すと発表した。

 売り出すのは、現在、発行済み株式の69.15%を所有する産業革新機構をはじめ、NEC(現所有株式割合8.86%*))、日立製作所(同7.66%)、三菱電機(同6.26%)が所有する株式の一部。売り出す株式の合計は最大で発行済み株式の約25%に相当する4億2243万2900株。筆頭株主である産業革新機構の売却後の出資比率は約50.1%になる見込みで、過半出資は維持される見通し。売り出し価格は未定で、2017年6月12~14日に決定する。

*)退職給付信託拠出分含む。

 株式の売り出しの目的についてルネサスは「投資家層の拡大や流動性の向上」としている。

最終更新:5/18(木) 21:27

EE Times Japan