ここから本文です

仕入れ装い商品詐取容疑=被害1億円超か、5人逮捕―警視庁

時事通信 5/18(木) 18:28配信

 リフォームのための仕入れを装い発電機などを詐取したとして、警視庁は18日までに、詐欺容疑で住所不定、無職上田晴彦容疑者(69)ら5人を逮捕した。

 上田容疑者ら2人は容疑を認め、残り3人は否認しているという。同庁は、東京や京都、大阪など7都府県の約40社から計約1億6000万円相当を詐取したとみて裏付けを進めている。

 逮捕容疑は昨年6月上旬ごろ、東京都江東区の住宅リフォーム会社の名前を使い、電気設備機器会社(中央区)から発電機など11点(計約153万円相当)をだまし取った疑い。

 同庁捜査2課によると、代金の一部を支払って商品を受け取った上、事務所を閉鎖して残りの代金を踏み倒すなどしていた。同容疑者らは詐取した商品を6割以下の価格で転売していたという。 

最終更新:5/18(木) 18:35

時事通信