ここから本文です

ドラ荒木、連敗断ち切る3安打 2千安打まで12本

朝日新聞デジタル 5/18(木) 22:47配信

(18日、中日2―1阪神)

 3連敗中の悪い流れを、ベテランがバットで断ち切った。中日の荒木が今季2度目の1試合3安打。これで2千安打にも、あと12本となった。

 2打席目の三回に右前安打で出塁すると、五回にも右前安打。さらに八回は左中間に運び、最後はヘッドスライディングで二塁打に。平田の適時二塁打で勝ち越しのホームを踏んだ。

 ヘッドスライディングは「足が動かなかっただけ」と冗談めかしたが、「何ができるかを考えて、一つ一つ、先の塁にいくことをやっていくしかない」と力を込める。39歳ががむしゃらになって勝ちにいった。

 1試合3安打以上は151度目で、セ・リーグでは単独10位になった。自身の大記録達成も間近だが、「それはまだまだ全然」。それよりも勝利の味をかみしめていた。

朝日新聞社

最終更新:5/18(木) 22:47

朝日新聞デジタル