ここから本文です

<ボクシング>井上尚弥ら異常なし 予備検診

毎日新聞 5/18(木) 20:04配信

 プロボクシングのダブル世界戦(21日、東京・有明コロシアム)の予備検診が18日、東京都内で行われ、出場4選手はいずれも異常なしと診断された。

 5度目の防衛がかかる世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は、同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)より身長で3センチ、リーチで5センチ上回った。3度目の防衛を目指す国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(大橋)は、同級暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)より身長は2センチ上回ったが、リーチで1・5センチ下回った。

 相手について井上尚は「体が強そう」と語り、八重樫は「気になる点はない」と述べた。【倉沢仁志】

最終更新:5/18(木) 20:08

毎日新聞