ここから本文です

棚橋弘至 右腕負傷でドクターストップ 復帰は6・9後楽園

スポニチアネックス 5/18(木) 12:16配信

 新日本プロレスの棚橋弘至(40)が米国遠征中に右腕を負傷し、帰国後に東京都内の病院で検査を行った結果「右上腕二頭筋腱遠位断裂」と判明。ドクターストップとなり、出場を予定していた「BEST OF THE SUPER Jr. 24」を18日・後楽園ホールから28日・群馬ニューサンピアまでシリーズを全休する。18日、公式サイトで発表された。

 「棚橋選手の試合を楽しみにされていたファンの皆様には、誠に申し訳ございません」と謝罪。小島聡(46)が代打を務める。6月9日の後楽園ホールから復帰予定。

最終更新:5/18(木) 12:23

スポニチアネックス