ここから本文です

羽田空港国際線ターミナルに「2018 平昌冬季五輪」開催成功を祈念する韓国観光広報館オープン

Impress Watch 5/18(木) 16:27配信

 5月18日、羽田空港国際線ターミナル4階に「2018 平昌冬季五輪」開催成功を祈念する韓国観光広報館がオープンした。この韓国観光広報館は、日韓航空旅客の需要拡大および観光需要の促進を目指すために設けられたもので、日本では羽田空港 国際線ターミナル4階の広小路イベントスペースに、韓国では金浦空港国際線ターミナル 3階出国審査場脇に設けられている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 そのオープニングイベントを羽田空港国際線ターミナル 4階 江戸舞台で開催。韓国側からは、韓国空港公社 社長 成日煥(ソン・イルファン)氏、KTO(韓国観光公社) 社長 鄭昌洙(チョン・チャンス)氏、江原道(カンウォンド)道 知事 崔文洵(チェ・ムンスン)氏、韓国訪問委員会 委員長 朴三求(パク・サムグ)氏、平昌五輪組織委員会 事務総長 呂炯九(ヨ・ヒョング)氏、KATA(韓国旅行業協会) 会長 梁武承(ヤン・ムスン)氏、韓国MICE協会 会長 金応洙(キム・ウンス)氏、駐日本国大韓民国大使館韓国文化院 院長 金現煥(キム・ヒョンファン)氏が参加。

 日本側からは、観光庁 次長 蝦名邦晴氏、日本政府観光局 理事長 松山良一氏、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 副事務総長 古宮正章氏、JATA(日本旅行業協会) 理事長 志村格氏、ANTA(全国旅行業協会) 専務理事 有野一馬氏、東京国際空港ターミナル 代表取締役社長 土井勝二氏、日本空港ビルデング 代表取締役会長兼CEO 鷹城勲氏、日本空港ビルデング 代表取締役社長執行役員兼COO 横田信秋氏が参加した。

 オープニングイベントでは韓国の伝統楽器による楽曲演奏を実施。韓国の曲が演奏されたほか、日本の曲「ふるさと」をアレンジした演奏も行なわれた。オープニングイベントは韓国の代表者、日本の代表者によるテープカットで締めくくられた。

 韓国広報館では、平昌オリンピックへ向けての訴求が行なわれており、会場へのアクセス、周辺の観光情報を記したパンフレットが配られている。平昌オリンピックの会期は2018年2月9日~25日。日本選手の活躍も期待でき、日本から近い場所で開催されるオリンピックのため、オリンピック観戦を兼ねた旅行需要はこれからますます高まっていくだろう。

トラベル Watch,編集部:谷川 潔

最終更新:5/18(木) 16:27

Impress Watch