ここから本文です

「サウンドガーデン」のクリス・コーネル、52歳で死去 ジミー・ペイジら哀悼

ねとらぼ 5/18(木) 23:05配信

 「サウンドガーデン」のフロントマンで知られる米歌手のクリス・コーネルが亡くなりました。52歳。英国の公共放送BBCなどが伝えています。

【画像】コーネルのTwitter

 コーネルは5月17日(現地時間)、デトロイトでサウンドガーデンのコンサートを行っており、その公演の直後に亡くなったとのこと。死因は不明で、代理人は「彼の死は突然だった」とコメントしています。

 偉大なるミュージシャンの死を受け、ジミー・ペイジは「クリス・コーネルよ、安らかに。信じられないほどの才能にあふれ、非常に若く、とても寂しくなるよ」とTwitterを通して哀悼。元スキッド・ロウのセバスチャン・バックは、コーネルの最新のツイートを引用しながら、「これが最後のツイートだと思うと泣けてくるよ。1992年にはここで一緒に演奏したね。歌声をありがとう、クリス・コーネル。寂しくなるよ」と、亡き友への別れの言葉を贈っています。

 コーネルは、1984年から1997年にかけてサウンドガーデンでフロントマンを務め、2010年の再結成後もフロントマンとして活躍していました。サウンドガーデンは1994年、4thアルバム「スーパーアンノウン」が爆発的人気となり、ビルボードで全米1位を獲得しています。

最終更新:5/18(木) 23:05

ねとらぼ