ここから本文です

<厚労省>箱なし医薬品の販売禁止へ

毎日新聞 5/18(木) 21:03配信

 ◇高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」偽造品流通で

 高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通した問題を受け、厚生労働省は18日、外箱を開封した医薬品の販売を原則禁じる方針を決めた。流通段階で偽造品の混入を防ぐ狙いがあり、年内にも省令改正する。

 医薬品を販売する場合、現行の医薬品医療機器法(旧薬事法)は、メーカーに対して箱に封をすることを義務付けているが、卸売業者や調剤薬局への同様な規定はなかった。

 ハーボニーの正規品は、箱に開封すると跡が残る特殊シールが貼られている。しかし偽造品は「現金問屋」と呼ばれる卸売業者に持ち込まれた時点で既に箱がないボトルの状態で、そのまま薬局まで転売が繰り返された。

 このため同法施行規則を改正し、卸売業者が小分けして薬局に販売する場合と、薬局が患者に処方箋に書いてある必要量だけを販売する場合以外の開封を禁じる。厚労省は既に仕入れ先の身元確認の義務化も決めている。【熊谷豪】

最終更新:5/18(木) 22:11

毎日新聞