ここから本文です

阪神・メッセンジャーは8回2失点 1点ビハインドで降板

5/18(木) 20:38配信

デイリースポーツ

 「阪神-中日」(18日、甲子園球場)

 先発した阪神のメッセンジャーは、8回を投げて7安打2失点。自己最長の6連勝を懸けた一戦だったが、1点のリードを許して降板となった。

【写真】メッセンジャー、前回は無傷の開幕5連勝

 初回、1点を先制すると、危なげない投球で試合を作る。だが、五回だった。先頭の松井雅に右翼線二塁打を浴びると、ジョーダンの犠打で1死三塁。続く京田の打ち取った打球は、投手前で大きく跳ねた。投ゴロの間に同点を許すと、八回だ。

 2死から荒木に高めに浮いた直球を狙われ、遊撃の頭上をライナーで越える二塁打で出塁を許す。さらに続く平田との対戦。1ボールから2球目。スライダーがわずかに高く浮いた。前進守備を敷いていた右翼・中谷の頭上を越え、痛恨の勝ち越しを許す形となった。

 さらにビシエド、ゲレーロには連続四球で1死満塁だ。絶体絶命のピンチを背負ったが、ベンチはエースの続投を決断。工藤、代打・藤井から直球で連続三振を奪い、この回を最少失点で切り抜けた。12奪三振。2桁奪三振は4月21日の巨人戦以来、今季2度目で通算21度目となった。勝ち越しこそ許したが、123球の粘投だった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 18:25