ここから本文です

水素ステーションで新会社=トヨタなど11社が共同設立

時事通信 5/18(木) 21:00配信

 トヨタ自動車やJXTGホールディングスなど11社が、燃料電池車(FCV)に燃料を供給する水素ステーションを整備するための新会社を年内に共同で設立することが18日、分かった。FCV普及に向け、2025年度までに全国で320カ所程度のステーション整備を目指す政府目標を踏まえ、拡充を急ぐ。

 新会社には、日産自動車やホンダ、出光興産、岩谷産業、東京ガス、日本政策投資銀行なども出資する方向。19日にも発表する。 

最終更新:5/18(木) 22:27

時事通信