ここから本文です

リフォーム子会社で不適切会計=利益10億円水増し―三井不動産

時事通信 5/18(木) 21:00配信

 三井不動産は18日、子会社の三井不動産リフォーム(東京)で営業利益を2年間で計約10億3000万円かさ上げする不適切な会計処理があったと発表した。2014年度から一部の未完成工事について、売り上げを計上しながら、その費用を次年度に先送りして利益を水増しする行為を繰り返していた。

 営業利益ベースで、14年度に約3億6000万円、15年度に約6億7000万円の水増しがあった。三井不動産リフォームは、14年度の営業利益を約3億6000万円、15年度を約3億2000万円それぞれ下方修正した。三井不動産本体の業績に与える影響は軽微で、過年度修正は行わない方針。 

最終更新:5/18(木) 21:42

時事通信