ここから本文です

<プロ野球>ヤクルトが零封勝ち 巨人貯金ゼロ

毎日新聞 5/18(木) 21:29配信

 ○ヤクルト1-0巨人●(東京ドーム・18日)

 ヤクルトが投手戦を制した。石川はボールを丁寧に散らし、六回途中無失点で4勝目を挙げた。救援陣も踏ん張り、三回に石川の三ゴロの間に挙げた1点を守りきった。巨人は打線がつながらず、2カード連続の負け越しで勝率5割に戻った。

 ヤクルト・真中監督 石川は絶好調という感じではなかったので、早めの継投を考えていた。(八回に重信の二盗を阻止するなど守備が光り)みんなで守り勝つことができた。

 ◇「しびれた」

 9安打を許しながらも5投手の継投で巨人を零封したヤクルト。最少リードを守りきり、真中監督は「しびれた」と笑顔で振り返った。先発の石川は毎回走者を背負いながらも、多彩な球種を駆使して要所を締める。その石川を六回1死二塁で救援した近藤は長野、実松を連続空振り三振。「後ろにいい投手がいるから、初回から全力でいけた」と言う石川の粘投に救援陣も応え、チームは連夜の零封勝ち。昨季は1勝10敗に終わった東京ドームでの悪い流れを吹き飛ばした。

最終更新:5/18(木) 22:18

毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 9:40