ここから本文です

POT×ENTH新曲お披露目の「PONTH!!」東京公演で双方カバーも

5/18(木) 22:01配信

音楽ナタリー

POTとENTHがツーマンライブ「PONTH!!」を昨日5月17日に東京・TSUTAYA O-WESTにて開催した。

【写真】POTとENTH。(Photo by Chikako Asai)(他18枚)

「PONTH!!」はPOTがミニアルバム「GEMME」を6月14日に、ENTHが1stフルアルバム「HENT」を7月12日にそれぞれリリースすることを記念して企画されたもの。「POT 2nd Mini Album & ENTH 1st Full Albumリリース直前新曲お披露目会」というサブタイトル通り、この日のライブでは2組共、新作の収録曲を初披露していった。

先攻はPOT。よっぴー(Vo, B)が「新曲だからノリ方とかわからんかもしれないけど、手挙げたり体揺らしたりして、乗り遅れんようにお願いします!」とファンを気遣ったのち、バンドは既発曲で場内をヒートアップさせていく。「GEMME」収録曲で、よっぴーいわく「POTっぽい」という「SYAKUNETSU BEAT」ではバンドの演奏にあわせてファンがハンドクラップを繰り返し、新曲とは思えないほどの盛り上がりとなった。さらに彼らは「みんなが知ってる曲やったほうがええやろ」と言ってENTHの楽曲をカバーしたり、ENTHのNaoki(G, Cho)をゲストギタリストに迎えたりと、盟友とのツーマンライブらしいパフォーマンスでも双方のファンを楽しませる。終盤にはよっぴーが、ENTHと互いに切磋琢磨してきた日々を回想し「ずっと仲良しでいたいけど、負けられへんし、負けられたくもありません」と盟友への思いを述べた。

後攻のENTHはdaipon(Vo, B)が「(曲を)知らなくても遊び方わかってるよな?」とファンを焚きつけてライブをスタート。その言葉に答えるようにファンは新旧のナンバーでモッシュやクラウドサーフを繰り返す。MCでdaiponはこの日のチケットがソールドアウトしたことを受けて「俺たちにとって大きな大きなステップになります」と笑顔を見せた。終盤には「毎日を楽しくしてくれる曲じゃないかもしれないけど、本当にキツいとき、諦めそうなとき、負けそうなときに背中を押せる曲ができました」と新曲に込めた思いを説明して「HENT」収録曲(タイトル未定)をプレイ。ファンは彼の言葉と、バンドのエモーショナルな演奏にじっと耳を傾けていた。また彼らはPOTヘのお返しとばかりにPOTの楽曲をカバー。再び双方のファンを喜ばせ、大盛り上がりのうちにツーマンライブを締めくくった。

なお「PONTH!!」は5月23日に大阪・Music Club JANUS、6月5日に愛知・RAD SEVENにて開催される。

POT & ENTH presents「PONTH!!」~POT 2nd Mini Album & ENTH 1st Full Albumリリース直前新曲お披露目会~(終了分は割愛)
2017年5月23日(火)大阪府 Music Club JANUS
2017年6月5日(月)愛知県 RAD SEVEN

最終更新:5/18(木) 22:01
音楽ナタリー