ここから本文です

中国外相、THAAD撤回を要求=韓国は解決策模索へ

時事通信 5/18(木) 21:01配信

 【ソウル時事】中国の王毅外相は18日、文在寅韓国大統領の特使として北京を訪問した李海※(※王ヘンに贊)・元首相と会談し、在韓米軍への最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備について、「中国の憂慮を尊重し、措置を講じることを期待する」と述べ、撤回を求めた。

 聯合ニュースが伝えた。

 王外相は「THAAD配備問題が両国関係発展の障害になっている」と言及し、撤回を求める中国の立場を改めて強調した。一方、韓国側は新政権で中国との対話を強化し、解決策を模索する用意ができていると説明。韓国企業に対する、中国の経済的な「報復」措置などを解消するよう求めたという。 

最終更新:5/19(金) 0:32

時事通信