ここから本文です

三浦、7月に米で世界戦=王座返り咲き目指す―ボクシング

時事通信 5/18(木) 21:17配信

 【ロサンゼルス時事】プロボクシングの興行を手がけるゴールデンボーイ・プロモーションズは17日、世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級元王者の三浦隆司(帝拳)が現王者のミゲル・ベルチェルト(メキシコ)に挑戦する同級タイトル戦を、7月15日に米カリフォルニア州イングルウッドで行うと発表した。スポーツ専門局ESPN(電子版)などが報じた。

 三浦はフランシスコ・バルガス(メキシコ)に敗れて王座を失った2015年11月以来の世界戦。今年1月の挑戦者決定戦に勝って挑戦権を獲得していた。

 三浦は31勝(24KO)3敗2分け、ベルチェルトは31勝(28KO)1敗。 

最終更新:5/18(木) 21:19

時事通信