ここから本文です

<スノーアワード>最優秀選手に高梨沙羅「五輪で金取る」 

毎日新聞 5/18(木) 21:40配信

 全日本スキー連盟(SAJ)は18日、2016~17年シーズンに優秀な成績を収めた選手などを表彰する「SAJスノーアワード」を東京都内で開催し、最優秀選手にはワールドカップ(W杯)で4度目の個人総合優勝を果たしたジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が選ばれた。高梨は「(来年の)平昌五輪で金メダルを取るために練習していく。競技を終えた後、素晴らしい器の人間になれるように頑張っていきたい」と喜びを語った。

 アワードはスキー界の発展、充実を目的に今年初開催された。将来の活躍が期待される選手に贈られる「ネクストヒーロー賞」には、3月の世界選手権で日本男子初となる2冠を達成したフリースタイルスキー・モーグルの堀島行真(中京大)が選ばれた。

 スキー産業の発展に貢献したとして、映画「私をスキーに連れてって」の主題歌を歌い、毎年新潟・苗場でコンサートを開いている歌手の松任谷由実さん、音楽プロデューサーの松任谷正隆さん夫妻に「スノー文化功労賞」が贈られた。由実さんは出席した関係者に「雪は魔法使い。これからも魔法の国にたくさんの人たちをいざなって、幸せになっていただきましょう」とあいさつした。【平本泰章】

最終更新:5/18(木) 21:40

毎日新聞