ここから本文です

鈴木亜美、出産は「すごい踏ん張りました」…ママになって初の公の場

スポーツ報知 5/18(木) 17:41配信

 歌手の鈴木亜美(35)が18日、都内で初の料理本「かわいい妊婦の安産レシピ」の発売記念パーティーを行った。

 昨年7月に7歳年下の一般男性と結婚し、1月に第1子となる男児を出産後初の公の場。「緊張します。今までとは責任感が違って、ママ頑張るねという気持ちが強くなった。毎日毎日、カワイイが止まらない」と母親の顔をのぞかせた。

 出産前には体重が13キロ増えたというが、「食事を気にしたり、2か月くらいで元に戻った」と報告。安産だったといい「陣痛がきてから部屋の掃除をして、シャワーを浴びて、ゆっくり病院に行って、3時間後に生まれた。痛いというより、すごい踏ん張りました」と笑顔で語った。

 長男の顔は「目元は旦那さん、口元は私に似てる。アヒル口をよくしてて、客観的に見て、私ってこういう顔してるんだと思った」。子守歌は米歌手ジャスティン・ビーバーの「Sorry」を聴かせるそうで、「私の曲はテンションが高い曲が多いので、逆に起きちゃう」とニヤリ。2人目の子供については「できたら女の子がほしい。私は4人くらいほしいけど、現実的に2人で」と話した。

最終更新:5/18(木) 17:41

スポーツ報知