ここから本文です

新潮社・中瀬氏、文春“盗み見報道”反論に不満…中づりコピー現場「どう説明するんだ」

スポーツ報知 5/18(木) 18:19配信

 18日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜、後5時)でレギュラーコメンテーターの新潮社出版部部長・中瀬ゆかり氏(52)が、週刊新潮による週刊文春の「中づり盗み見報道」について語った。

 この日発売の週刊新潮5月25日号では「『文春砲』汚れた銃弾」と題し、「週刊文春」の発行元・文芸春秋の営業担当者が新潮社が発行する「週刊新潮」の発売前に中づり広告を不正入手し、文春編集部に渡していた疑惑を報じている。コンビニのコピー機で中づり広告をコピーしている決定的瞬間の写真も掲載している。

 週刊文春の新谷編集長は同日「『週刊新潮』等のメディアによる『週刊文春』の情報収集に関する報道についてご説明させていただきます。まず、『週刊文春』が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と盗用疑惑を全面否定している。

 「すごい取材をしている。スパイ小説のような、ドキドキしながら読んだ」という中瀬氏は、疑惑の発端が14年からあったことなどを説明。「中づりをコピーしているこのシーンをどう説明するんだということについては、未だ納得できる説明がないというのが現状」と指摘した。

 「週刊誌全体の信用にかかわるというか『そういう汚いことをやりあってるんでしょ』みたいなイメージが付くから業界としての信用にも関わる。情報合戦なんでお互いにいろんな手は使うんだけれども“禁じ手”というものはあって『これはやっぱりやっちゃいかんだろうという一線を越えたんじゃないですか?』というお話なんです」と中瀬氏。「2誌だけの話じゃなくてちょっと残念すぎるという感じです」と淡々と語った。

最終更新:5/18(木) 18:19

スポーツ報知