ここから本文です

金メダルのタカマツ・ペア、満員電車で通勤「人にぶつかられるし、足も踏まれるし」

スポーツ報知 5/18(木) 22:58配信

 昨年のリオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスで日本史上初の金メダルを獲得した高橋礼華(27)、松友美佐紀(25)の「タカマツ・ペア」が18日放送のTBS系バラエティ「櫻井・有吉THE夜会」(木曜・後9時57分)に出演。金メダルの報奨金として1人500万円をJOC(日本オリンピック委員会)から受け取ったことを明かした。

 MCの有吉弘行(42)から「金メダル取ると、いくらもらえるんですか?」とストレートに聞かれた高橋は「公表されてますから」と前置きしながら「JOCから1人500万円もらいました」と、正直に明かした。

 ともに日本ユニシスの正社員でもある2人。通勤も満員電車を使っており、「人にぶつかられるし、足も踏まれるし」と高橋が言えば、松友も「私はぶつかられても、そのまま動かない。押されても絶対、負けない」と金メダリストらしい“根性”を明かしていた。

最終更新:5/18(木) 22:58

スポーツ報知