ここから本文です

【巨人】9安打ながら遠い1点…2試合連続無得点負け…貯金も消える

スポーツ報知 5/18(木) 21:28配信

◆巨人0―1ヤクルト(18日・東京ドーム)

 巨人が9安打を放ちながら無得点。ヤクルト先発・石川のバットで失った1点を取り返すことができなかった。

 先発の宮国は、3回に先頭の中村に二塁打を与え、その後、石川の三塁ゴロの間に1点を失ったが、7回98球を投げて3安打1失点。その後8回にマシソン、9回にカミネロがそれぞれ1回投げ共に無失点と被安打4で継投したが、援護が無かった。

 打線はマギーが4安打、立岡が3安打、長野が2安打と気を吐いたが、終わってみればこの3人のみ。4回には2死満塁のチャンスも生かせず。最終回も亀井、橋本、阿部の代打攻勢で、土壇場での逆襲が期待されたが、いずれも秋吉の前に打ち取られた。

 5回3分の1を投げ4勝目となったヤクルト・石川は試合後のインタビューで、「チームで1点を何とか守ろうと攻めた結果。ランナーは出したが粘れて良かった」と語った。

 巨人は19勝19敗となり貯金がなくなった。

最終更新:5/18(木) 22:59

スポーツ報知