ここから本文です

【阪神】メッセンジャー、8回2失点も今季初黒星「点の取られ方が残念だった」

スポーツ報知 5/18(木) 21:52配信

◆阪神1―2中日(18日・甲子園)

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)は8回2失点と好投したが、打線の援護に恵まれず今季初黒星を喫した。

 立ち上がりからテンポのいい投球でアウトを重ねたが、5回1死三塁から京田の高いバウンドの投ゴロで同点とされる不運な展開。8回には荒木、平田の連続二塁打を浴びて勝ち越しを許したが、先発の役割は果たした。「点の取られ方が残念だった。どれだけ長いイニングを投げても、チームが負ければ悔しい」。自身の開幕からの連勝が5で止まったことよりも、チームの連勝を4で止めたことを重く受け止めていた。

最終更新:5/18(木) 21:52

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 19:25