ここから本文です

【阪神】「打つ方でチャンスであと1本ね」…金本監督に聞く

スポーツ報知 5/18(木) 21:52配信

◆阪神1―2中日(18日・甲子園)

 阪神は中日投手陣を攻略できず、連勝が4で止まった。先発・メッセンジャーは8回2失点と好投したが、今季初黒星で開幕からの連勝も5でストップ。2位・広島に1・5ゲーム差と迫られたが、金本監督は淡々と試合を振り返った。(以下は一問一答)

【写真】マウンドでうつむくメッセンジャー

 ―メッセンジャーは好投したが。

 「8回2失点ですから。十分責任を全うしてね。能見も昨日、勝ちがつかなかったけど、先発はしっかりしてくれている。そこはチームとしてはいいかな。打つ方でチャンスであと1本ね。そんないつもいつも打てるわけじゃないけど」

 ―8回を投げきらせたのはエースとしての信頼か。

 「もちろん。勝ち越しはされたけど、自分で責任持って任せたというか」

 ―4番に入れた原口が2安打。

 「だいぶ突っ込みというか、スイングの軌道も良くなってきているように思いますけど」

 ―福留の休養日を任せられる。

 「まあ、安心してね」

 ―福留は19日からのヤクルト3連戦をにらんだ休養か?

 「明日からは右が3人来る可能性が高いから。そこは臨機応変にね」

 ―中日戦はバルデス、ジョーダン対策が必要だ。

 「そうですね。ウチにぶつけてきているような。合わせてきているような。(両投手との対戦は今季)3回目ですか。そこを打っていかないと」

最終更新:5/18(木) 23:42

スポーツ報知