ここから本文です

カトパン、日テレ特番で他局初MC…池上彰氏と念願タッグ 

スポーツ報知 5/19(金) 8:03配信

 元フジテレビでフリーの加藤綾子アナウンサー(32)が、日本テレビ系特番「池上彰が教えたい! 『実は…のハナシ』。」(6月15日・後7時)でMCを務めることが18日、分かった。

【写真】カトパン、50歳を迎えたカズと抱擁

 16年4月にフリー転身後、他局でMCを務めるのは初めて。加藤アナは「また新たな挑戦をさせていただけることに本当に感謝しております! 新たな空気を感じながらその場を楽しんでいけたらと思っております!」と意気込む。

 ジャーナリストの池上彰氏(66)が日本人にどうしても自ら教えたい重大な問題をひもといていく新型教養バラエティー。加藤アナは進行役のほか、時にプレゼンター役として放送中に登場するアイテムの説明を行うなど、池上氏を全面的にバックアップする。

 池上氏との共演は念願だった。局アナ時代から、池上氏の番組を見て自らのニュース読みに役立てていたといい「ご一緒させていただけることになり、とてもうれしいです。どんな『実は…』なことを教えていただけるのかワクワクします」と大喜び。「池上さんの解説はとにかくわかりやすく、そしてほかではなかなか聞きづらいことも丁寧に教えていただけるので、もちろん私もMCという立場をしっかり全うしなければと思うのですが、先生についていきます! という気持ちが強く、学びながらしっかりサポートできれば」と収録を心待ちにしている。

 同局の向後淳プロデューサーは「独特の柔らかい雰囲気や空気感を持っている。情報やスポーツを主にやられてきた方ですが、新しいジャンルにも挑戦していただけたら」と起用理由を説明。番組サイドは第2弾、3弾の制作についても意欲的だといい、このタッグで将来のレギュラー化も十分期待できそうだ。

 ◆池上氏が社会問題を解説

 番組では、北朝鮮問題や東京五輪など時事的なテーマのみならず、スマートフォンや戦争ビジネスなどについても解説する。池上氏は「世の中には私たちが不安になるニュースがあふれています。でも、その多くは、『よくわからない』から不安になるものです。何が問題なのかを、まず理解すること。そのためにお役に立てる番組を目指します」とコメントしている。

最終更新:5/19(金) 8:18

スポーツ報知