ここから本文です

ナインティナイン、“コンビ初”在阪局で番組MC

オリコン 5/18(木) 5:00配信

 お笑いコンビ・ナインティナインがMCを務めるABCローカルの特番『ナインティナインの発足!熱血アピール部 もっと好きと言って!』が21日(後4:00~5:25)に放送される。意外なことに、ナイナイの2人が揃って大阪のテレビ局でMCをするのは、この番組が初めて。水泳、テニス、野球のスポーツ関係者が「熱血アピール部」を結成し、ナイナイたちを振り向かせようと、VTRやトークでその魅力をプレゼンする。

【場面写真】ゲスト出演のオカダ・カズチカら

 ナイナイの岡村隆史、矢部浩之とともに、熱血アピールを受け止めるゲストとして、新日本プロレスのオカダ・カズチカと海原やすよ ともこが出演。ナレーションは、西川忠志、ヒロド歩美アナウンサー。

 熱血アピール部1組目は、北京・ロンドンとオリンピック2大会連続でバタフライ銅メダルに輝き、「康介さんを手ぶらで帰すワケにはいかない」という流行語まで生み出した松田丈志、アテネ五輪の銅メダリストで、現在は3児の母親として育児をしながら水泳を教えているという中西悠子、そして水泳芸人であるミサイルマン・西代、さらにスーツ姿の謎の男性・松井健さん、謎のおじいちゃん・石本隆さんの5人。

 水泳は子どもの習い事ランキングで5年連続1位に輝き、老若男女にも愛されているが、街頭インタビューでは「バタフライをやったことがない」「どうやって泳ぐか知らない」という声が。岡村も「バタフライはなくてもいいような」と放言。キャプテンの松田は「水泳の中でも、バタフライをもっと好きと言って!」と願いを込め、現在のバタフライ泳法の確立に日本人が密接に関わっている秘話をひも解いていく。

 2組目は、女子プロテニス歴9年、世界ランキング最高21位、現在は2児の母親であり、解説者としても活躍する兵庫県出身の浅越しのぶと、同じく1児の母であり、グランドスラムで優勝4回(女子ダブルス3回、混合ダブルス1回)、世界ランキングシングル最高8位、ダブルス1位、通算成績1017勝712敗を誇り、「テニスの鉄人」と呼ばれた杉山愛の2人。「テニスは最近は注目されてますね」と矢部は言うが、2人は「今のテニスは、なんちゃってブームだ!」と訴える。

 最後に登場するのは、元阪神タイガースの剛腕投手で、2005年の優勝時は37歳で15勝と最年長最多勝を達成した現プロ野球解説者の下柳剛、日本シリーズの審判を10回務めた元NPBの審判で、現在は審判技術委員として後輩の指導に当たる谷博、野球大好き芸人のテンダラー、そしてスポーツ実況30年のABCアナウンサー・中邨雄二の5人。

 キャプテンの下柳が訴えるのは「野球は野球でも…審判をもっと好きと言って!」。「審判の人とか見てないもん」という岡村に、下柳は「審判は野球の演出家。ぜひ注目してほしい」と写真やVTRで審判のスゴさを猛アピールする。メンバーが、もう一つ好きになってほしいというのが“解説”。今回、注目したのは伝説の野球解説者・福本豊。阪急ブレーブスで活躍した「世界の盗塁王」だ。そんな彼の「神解説」が生まれた貴重な瞬間をVTRで紹介する。

最終更新:5/18(木) 11:17

オリコン