ここから本文です

木村拓哉「この地に戻ってこれてうれしい」 2度目のカンヌで喝采浴びる

5/19(金) 5:00配信

オリコン

 フランスで開催中の『第70回カンヌ国際映画祭』で「アウト・オブ・コンペティション部門」に選出された映画『無限の住人』の公式会見が現地時間18日に行われ、元SMAPの木村拓哉、女優の杉咲花、三池崇史監督が出席。木村は、2004年公開の映画『2046』以来、13年ぶりにカンヌの喝采を浴び「またこの地に戻ってこれてうれしい」と喜びを語った。

【全身ショット】多くの報道陣をバックにカンヌ入りした杉咲花

 同作は不死身の剣士・万次(木村)と、復讐のために彼を用心棒として雇った少女・凜(杉咲)が、壮絶な戦いに身を投じる姿が描くアクション大作。報道関係社向けの上映では、450人の座席が満席となり、フォトコールには世界中から150人以上のスチールカメラマンが集結。注目度の高さが伺えた。

 不死身の剣士を熱演し、ハードなアクションシーンもこなした木村。海外メディアから「どうしてこの役を受けたのですか? 三池監督のファンだったからですか?」と質問が飛ぶと「三池監督に一緒に仕事が出来るのは、とても名誉なこと。一緒にやろうということ自体が、三池組のチームの一員ということが光栄でした」と熱い思いを口にする。

 三池監督も「今作一番の挑戦は?」との問いに「木村拓哉と対決すること」と答え「主人公は不死身の男。いま日本で演じられる人間は木村拓哉しかいない。彼に万次を演じてもらはなければ始まらなかった」と語った。

 今作で世界三大映画祭に初参加した杉咲は、復讐に身を置く少女という役どころに「ショックな出来事があって、両親のかたき討ちをする。凜ってすごい精神の持ち主だとおもっているので、最初不安だった」と心境を明かし「凜の気持ちを自分で理解することが挑戦でした」と振り返っていた。

 会場からは「Takuya!」「Hana!」「miike!」などと大きな呼び声が飛び交う盛り上がりをみせ、3人は終始リラックスした様子で会見に臨んでいた。

最終更新:5/19(金) 5:00
オリコン