ここから本文です

ホンダ、燃料電池車のタクシー運用を6月末に開始へ 帝都など4社協力

SankeiBiz 5/18(木) 14:40配信

 ホンダは18日、燃料電池自動車(FCV)の本格普及に向け、「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を6月末をめどに開始すると発表した。帝都自動車交通(東京都中央区)など4社が協力する。

【写真で見る】今さらだけど、日本一売れてるからホンダ・N-BOXに乗ってみた

 FCVの運用に協力するのは帝都のほか、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)。

 ホンダはタクシー運用を通じて得る走行データなどの情報をフィードバックし、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組むとしている。

 クラリティ フューエルセルは750キロの航続距離を誇る5人乗りのFCV。1回あたりの水素充填時間は3分程度で、ガソリン車と変わらない使い勝手が好評だという。(SankeiBiz)

最終更新:5/18(木) 15:07

SankeiBiz