ここから本文です

阪神、8カード連続負け越しなし 5月は10勝2敗のロケットスタート

サンケイスポーツ 5/18(木) 8:50配信

 (セ・リーグ、阪神2-1中日、8回戦、阪神5勝3敗、17日、甲子園)途中出場の阪神・高山俊外野手(24)が同点の八回、中越えに決勝二塁打を放った。中日先発が左腕バルデスで、スタメン落ちしていたが、その悔しさをぶつける初球打ち。今季最少タイの3安打で今季3度目の4連勝。

 阪神は貯金12。2013年9月7日の巨人戦(甲子園)以来、1348日ぶり。4連勝は今季3度目。2位に2・5差は今季最大。

 阪神は2カード連続勝ち越し。これで8カード連続負け越しなしで、5月は10勝2敗のロケットスタート。甲子園では6連勝。ホームで13勝5敗(甲子園は11勝4敗)と圧倒的に強い。

最終更新:5/18(木) 9:39

サンケイスポーツ