ここから本文です

【オークス】レーヌミノル、2冠へ反応抜群

サンケイスポーツ 5/18(木) 9:09配信

 2冠制覇へ向け、視界良好だ。桜花賞馬レーヌミノルが、CWコースで軽快な脚取りを披露し、万全をアピールした。

 「前に目標を置き、ゴール前で併せる感じ。先週、3頭併せでしっかりやっている」

 本田調教師が予定通りの内容を強調する。メイショウカシュウ(1000万下)を2馬身ほど追走し、道中はぴったりと折り合った。直線に向くと楽な手応えでスッと抜け出し1馬身半先着。先週10日に実質的な最終追い切りを消化(CWで6ハロン81秒8)しており、6ハロン83秒8-13秒3の時計こそ平凡だったが、反応の良さは際立っていた。

 800メートルの距離延長を不安視する声もあるが、「折り合いさえつけば、とんでもない距離でも勝つことがある。それは自分が騎手のときから思っていたこと」。騎手時代にカワカミプリンセス(2006年)でオークスを制した本田調教師は自信を漂わせる。

 シンハライトに次ぐ連覇に挑む池添騎手は「乗りやすいし、折り合いは大丈夫。あとは騎手の腕だけ。一緒に頑張って、2冠を取りたい」と意欲満々。レーヌミノルが、横綱相撲で2冠を奪い取る。 (斉藤弘樹)

最終更新:5/18(木) 9:23

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ