ここから本文です

ペンギンズ、バイオハザードの世界観をVRで体感 ノブオ「見てらんないっすね」

サンケイスポーツ 5/18(木) 13:59配信

 やくざ風漫才で人気急上昇中のお笑いコンビ、ペンギンズが18日、東京都内で行われた米映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」(27日公開)の公開直前イベントに出席した。

 元日に放送された日本テレビ系「ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP」に出演し、注目を集めている2人。舎弟役のノブオ(32)が怖面のアニキ(40)のボケに気付かずに怒られるも、最後はアニキが優しさを見せるといった斬新なスタイルでネタ番組などに引っ張りだこだ。

 芸能イベントに単独で登場するのは初めてで、ノブオは「独特の雰囲気っすね~。アニキ!! こういう雰囲気得意っすよね!!」。これに、怖面のアニキ(40)は「いってねーよ!!」と返すなど、息の合ったかけ合いも披露。

 PlayStation ?VRを使って、バイオハザードの世界観をVR(仮想現実)で楽しめるゲームも体験したアニキ。「こわーい!!」と逃げ回る姿に、ノブオは「アニキから聞いたことのないトーンの声。見てらんないっすね」とガッカリしていた。

最終更新:5/18(木) 13:59

サンケイスポーツ