ここから本文です

勤務中に300万円窃盗で懲戒免職の元大阪府警巡査、別の窃盗罪でも追起訴 大阪地検

産経新聞 5/18(木) 20:00配信

 勤務中に現金200万円を盗んだとして、大阪地検は18日、窃盗の罪で、大阪府警貝塚署地域課の元巡査、出口卓実被告(25)=窃盗罪などで起訴、懲戒免職=を追起訴した。

 起訴状によると、1月10日、大阪府貝塚市内の無職男性(89)宅から現金200万円を盗んだとしている。

 出口被告は4月、同じ男性宅に侵入して現金300万円を盗んだとして逮捕、起訴されている。自分名義で契約した複数のスマートフォンを他人に譲渡したことも発覚しており、府警は詐欺容疑で捜査している。

最終更新:5/18(木) 20:00

産経新聞