ここから本文です

中日・平田、阪神・メッセから決勝打「自分が決めたるっていう気持ちで」

サンケイスポーツ 5/18(木) 21:30配信

 (セ・リーグ、阪神1-2中日、9回戦、阪神5勝4敗、18日、甲子園)中日が連敗を「3」で止めた。平田良介外野手(29)が阪神先発・メッセンジャーから決勝打を放った。

 1-1で迎えた八回、一死から荒木が左中間へ二塁打を放つと、続いて打席に立った平田が、外角のスライダーにうまくタイミングを合わせてバットを振り抜いた。打球は右翼手・中谷の頭上を越え、貴重な勝ち越し二塁打となった。

 投げてはジョーダンが7回1/3を7安打1失点と好投。三ツ間、岩瀬の中継ぎ陣も踏ん張りを見せ、九回も田島が無得点に抑えた。

 ヒーローインタビューで平田は、「自分が決めたるっていう気持ちでいきました」と決勝打を振り返った。さらに「バッター陣がなかなか打てない中で、投手の人がすごく頑張ってくれているので、こういうロースコアのゲームでも勝てたことで、また1つ、チームがスキルアップすると思います」と接戦での勝利を喜んだ。

最終更新:5/18(木) 21:30

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 2:50