ここから本文です

広島、中村祐が粘投で2勝目!打線は2本塁打含む13安打9点と爆発

サンケイスポーツ 5/18(木) 21:30配信

 (セ・リーグ、広島9-2DeNA、9回戦、DeNA5勝4敗、18日、マツダ)広島が丸佳浩外野手(28)の7号2ランやブラッド・エルドレッド内野手(36)の11号2ランなどで、DeNA投手陣を粉砕。投げては先発した中村祐太投手(21)が6回2失点と粘投し、2勝目を挙げた。

 広島打線が爆発だ。2本塁打を含む13安打9点で大勝した。一回に先発中村祐が2点を失う嫌な立ち上がりだったが、その裏にすぐさま、安部の適時打などで4点を奪い逆転に成功。二回には丸の2ランで加点し、序盤でリードを広げた。五回にはエルドレッドの2ランなどで3点。試合を決めた。

 中村祐は一回に2点を失ったものの、その後はDeNA打線に得点を与えず、6回を105球7安打7奪三振2失点の粘投で2勝目。チームの連敗を阻止し、首位阪神を追いかける。

 中村祐は「昨日、悔しい負け方をしているので、連勝できるようなスタートが切れるようマウンドに上がりました。先に点を取られましたけれど、安部さんが取り返してくれたので、その後は点を取られないように投げました」と、淡々と試合を振り返った。打のヒーロー、安部は「(中村)祐太もなんとか粘り強く投げていましたし、結果的に勝ち越しのタイムリーになって良かった」と満足そうだった。

最終更新:5/18(木) 21:42

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 13:10