ここから本文です

目標はメジャー カナダ女子大生ナックルボーラー アイドルはイチロー

5/18(木) 7:10配信

Full-Count

大学野球の夏季リーグWCLで初の女性選手としてプレー

 カナダで19歳の“ナックル姫”が大学野球の夏季リーグ「ウエストコーストリーグ(WCL)」に女性として初参戦することが決定した。マーリンズのイチロー外野手に憧れ、女性初メジャーリーガーを目指すクレア・エックルスさんの挑戦は大きな話題を呼んでいる。

「サリー州のナックルボーラーがウエストコーストリーグ初の女性選手に」と特集したのは、カナダのテレビ局「CBC」電子版だった。ブリティッシュコロンビア大学ではソフトボール部に所属する一方、カナダ女子野球代表にも選ばれ、二足のわらじを履いていたエックルスさんは、WCLのビクトリア・ハーバーキャッツに入団。アメリカとカナダの男子大学生が活躍するアマチュア野球リーグで史上初の女性選手となった。

「ちょっと疑心暗鬼にもなったの。これは彼らが注目を集めるためかしら、とも悩んだわ。でも、ブラッドは私が公正なチャンスをつかんだ、と言ってくれた。単なる見世物ではないんだ、と」

 エックルスさんは、こう語ったという。チームのブラッド・ノリス=ジョーンズGMは「クレアは我々のチームで十分な戦力になることは100パーセント間違いない。これはクレアにとってのチャレンジになるのだろうか? それは間違いない。みんなを巻き込んで、2017年に証明したい。違和感のあることでも、おかしなことでもない。普通のことなんだ」と太鼓判を押している。

「スポーツ界のアイドルはイチロー・スズキ」

 初々しさの残る女子大生のエックルスさんは左腕。速球の時速は76マイル(約122キロ)だが、マウンド上で繰り出すナックルボールは軌道が予想不能。キャッチャーは急激な変化に「踊ってるよ」と脱帽したそうだ。そして、ツーシームとカーブも武器だという。

「子供たちはみんな一度はナックルボールを試すのよ。私も色々投げてみて最終的には使いこなせるようになったの」と説明したエックルスさんに対し、ジョーンズGMは「厳しく言うと(速球の)球速はこのレベルで通用するとは思わない。だが、彼女のナックルボールはこのレベルでも間違いなく通用する」と高く評価したという。

 エックルスさんは幼少時に日本の誇る安打製造機に憧れて、野球に汗を流したそうだ。記事では「エックルスにとって、スポーツ界のアイドルはイチロー・スズキだった」と報じている。13歳に両親の勧めでソフトボールに転向するまでは、男子のチームで活躍していたという。

「メジャーリーグでプレーすることを目標に成長した」というエックルスさんは、昨年8月にメジャー通算3000本安打を達成したメジャー最年長野手の待つメジャーリーグで、初の女性選手としてプレーすることができるのか。

「女の子も野球ができるということを証明したいの。将来、他の女の子たちの道を切り拓くことになればいいわね」

 イチローに憧れたカナダの“ナックル姫”が披露する快刀乱麻のピッチングに期待したい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/18(木) 7:10
Full-Count